古い映像資料の保存|windowsが起動しないならプロに依頼するのが先決
男の人

windowsが起動しないならプロに依頼するのが先決

古い映像資料の保存

DVD

ビデオからデジタルへ変換

アナログの映像資料の保存は面倒なものです。ビデオテープの場合、再生時におけるテープの劣化以外にも、保管中の湿度や温度管理、カビやテープの変形などもあります。ビデオテープなどのアナログ映像資料をDVDなどのデジタルデータにダビングしておくことで、長期保存が飛躍的に簡単になります。アナログ資料をDVDなどへダビングする作業、パソコンなどの機材があればそれほど難しい作業ではないのですが、大変面倒な作業でもあります。数本程度のビデオをDVDなどへダビングする作業なら、それほど面倒でもないのですが、大量のアナログデータのデジタル変換となれば業者に依頼するのが最善です。DVDへのダビングを請け負う業者はたくさんあり、価格も安くネットから簡単に申し込めます。

資料の利用しやすさの向上

映像資料は視覚的に確認できるのでわかりやすく便利なのですが、映像資料を探す作業は手間のかかることです。アナログ映像の場合はチャプターもないので、一つ一つの資料を早送りしながら確認していく必要があります。DVDダビング業者はアナログ映像をデジタル化するさいに、チャプターをつけたり収録した映像がひと目で確認できるインデックスプリントを付けたりといったサービスを提供しています。インデックスプリントが付いていれば、映像を再生させることなく資料の中身がわかります。チャプターがついていれば見たいシーンをダイレクトに再生することができるので、映像資料のユーザビリティが飛躍的に向上します。DVDダビングの業者ではカビたりテープが切れたものを修復するサービスなども行っています。ダメージを受けて再生を諦めていた映像資料を修復することも可能です。